ご挨拶




ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。都議会議員 三鷹選出の山田浩史(やまだひろし)と申します。都民ファーストの会 党 政務調査会長、都民ファーストの会東京都議団・政務調査会長代理を務めます。

私は弁護士として経験を積んできましたが、都政の多くの疑惑が報じられる中で「弁護士は依頼者のために全力を尽くすことが使命だが、なぜ政治家は自分を選んでくれた都民の利益ではなく自身の利益ばかり追い求めてしまうのか。」という疑問が大きくなっていました。この疑問を解消してくれたのは小池都知事の「都民ファースト」による「東京大改革」です。

都民目線で、当たり前のことを当たり前に実行する。
政治経験がないからこそ、既得権にとらわれず都民の利益のために全力を尽くします。あなたの声を聞かせて下さい。東京大改革の流れをさらに加速させます。

プロフィール



山田 浩史 (やまだひろし)

1984年7月4日
弁護士・ニューヨーク州弁護士
趣味:公園で子供と遊ぶ、テニス、読書、家族旅行
好きな言葉:人事を尽くして天命を待つ

略歴

・昭和59年(1984)7月4日出生
幼少期は三重県桑名市のサラリーマン家庭で育つ。桑名は名古屋から少し離れた自然も多い住宅街。よくテニスとサッカーをしていた。周囲からは「真面目」と言われることが多かった。あまり自覚はなかったが、物事をコツコツ計画的に進めることは得意だった。

・平成15年(2003年)3月 三重県立桑名高等学校 卒業
・平成15年(2003年)4月 東京大学文科一類 入学
大学進学を期に上京。井の頭公園のテニスコートで練習を重ねたことが学生時代の良い思い出である。憧れていた法律家になるための勉強の日々を送り大学4年時に司法試験に合格。

・平成19年(2007年)3月 東京大学法学部 卒業

・平成19年(2007年)4月 最高裁判所 司法修習生

・平成20年(2008年)9月 西村あさひ法律事務所にて弁護士として執務開始
国際的な企業買収や独占禁止法等を主に担当。専門誌への論文の執筆や講演活動も行う。東京で多くの方と仕事をご一緒させていただく中で、目の前の事件の解決だけではなく社会の問題を根本的に解決するためには、既存のルールの中で弁護士として働くだけでは不十分ではないかとの思いが強まり、政治への興味が強まっていった。
・平成26年(2014年)8月 米国ニューヨークのコロンビア大学ロースクール(LL.M.、法学修士)入学
初めての海外生活であったが、世界中から様々な人達が夢の実現のために集まるニューヨークの活気に驚かされた。道を行く人々が皆、子供に非常に親切であったことにも驚かされた。

・平成27年(2015年)5月 米国コロンビア大学ロースクール(LL.M., Harlan Fiske Stone Scholar賞受賞)卒業

・平成27年(2015年)9月~平成28年(2016年)7月 米国ワシントンD.C.の法律事務所にて執務
大統領選で盛り上がる中、政治の街ワシントンD.C.で、政治とは一見無縁に見える人々が皆、率直な意見を言い合っていたのが印象的であった。ニューヨーク州司法試験に合格。

・平成28年(2016年)7月 帰国
都政の多くの問題・疑惑が報道される中、「弁護士は依頼者の利益のために全力で働くのが使命である。なぜ政治家は自分を選んでくれた有権者のためではなく、自分自身の利益ばかり求めてしまうのだろうか。」という疑問が解消せず、小池百合子都知事の「希望の塾」に入塾。
家族、弁護士としてのキャリア等いろいろな不安が頭をよぎったが、自分を受け入れて大きくしてくれた東京を世界一の都市にしたいとの想いから、政治の道に進むことを決意。

政策





東京を世界一、有権者の利益が
最大化される都市にする

私は弁護士として経験を積んできましたが、都政の多くの疑惑が報じられる中で「弁護士は依頼者のために全力を尽くすことが使命だが、なぜ政治家は自分を選んでくれた都民の利益ではなく自身の利益ばかり追い求めてしまうのか。」という疑問が大きくなっていました。
私は都民ファーストの目線で、有権者である都民の皆様の声や思いを都政の場に届けるという当たり前のことを当たり前に実行し、弁護士時代に依頼者の利益を最大化するために活動してきたのと同じく、都民の皆様の利益の最大化のために全力を尽くします。

東京を世界一、チャレンジ・イノベーションが
推進される都市にする

弁護士としてこれまで多くの方とお仕事をご一緒させて頂いた中で実感したのが、日本の社会や企業では、失敗した場合のリスクや自由な発想への縛りが大きすぎて、リスクを取って新規事業にチャレンジしてイノベーションを起こすことが難しい状況にあるということです。
例えば、テレワークの推進によってオフィス外で自由な発想で仕事が進めることができ、満員電車で体力を消耗することもなくなる。また、自動運転やドローン等の先端技術によって商店街が幅広い買い物ニーズに応えられるようになる。さらに、農業IT化によっておいしい農作物が効率よく生産できるようになる。遠隔医療やロボット介護が普及してもっと自由で快適な生活が送れるようになる。
このような未来を実現するためには、チャレンジに伴うリスクや規制を緩和して自由な働き方を進める政策を実施し、非常に勤勉で優秀な人材であふれる東京を世界一、チャレンジ・イノベーションが推進される都市にすることが必要です。



東京を世界一、子育てがしやすい都市にする

私にも息子が二人おり、その成長を見守るのは非常に大きな喜びです。他方、希望する子供の数を現実に持てない最大の理由は、子育てにお金がかかりすぎるからと言われています。
東京を世界一、子育てがしやすい都市にするため、保育サービスの量・質の両面での拡充等を進め夫婦の共働きが容易になるようにします。さらに、公立の高等教育の競争力を高めて教育費負担が軽減される政策を実施します。特に、経済のグローバル化が進む中で英語教育の充実は必須と言えます。私のアメリカ生活の経験から、できる限り幼少期から英語に触れる機会を増やしていくことが英語力向上には重要ですので、その点も重視して公教育の強化を進めていきます。

東京を世界一、あらゆる世代が住みやすい都市にする

社会に活力を生じさせるには「ダイバーシティ」、つまり年齢や性別を問わず誰もが活躍できることが必要です。特に、少子高齢化が進む中で高齢者の方には「生涯現役」としてご自身のご知見・ご経験を踏まえたご活躍を続けていただく必要があります。私の両親は孫である私の息子達を非常にかわいがってくれていますが、その両親の姿をみると私自身もとても嬉しく感じます。
ご活躍のために必要な医療制度の合理化や健康寿命の延伸化、就業支援の拡充などの施策を実施します。
また、体の不自由な方にも安心してご活躍いただけるための就業支援策を実施します。

都民ファーストの会 基本政策



都民ファーストの会公式HP 政策はこちら

お問い合わせ



山田ひろしへのご意見・お問い合わせは以下までご連絡ください。

〒181-0013 東京都三鷹市下連雀3-21-8
E-mail: hiroshiyamada.tokyo@gmail.com

    ご意見取材依頼後援会個人献金その他