山田 浩史 (やまだひろし)

1984年7月4日
弁護士・ニューヨーク州弁護士
趣味:公園で子供と遊ぶ、テニス、読書、家族旅行
好きな言葉:人事を尽くして天命を待つ

略歴

・昭和59年(1984)7月4日出生
幼少期は三重県桑名市のサラリーマン家庭で育つ。桑名は名古屋から少し離れた自然も多い住宅街。よくテニスとサッカーをしていた。周囲からは「真面目」と言われることが多かった。あまり自覚はなかったが、物事をコツコツ計画的に進めることは得意だった。

・平成15年(2003年)3月 三重県立桑名高等学校 卒業
・平成15年(2003年)4月 東京大学文科一類 入学
大学進学を期に上京。井の頭公園のテニスコートで練習を重ねたことが学生時代の良い思い出である。憧れていた法律家になるための勉強の日々を送り大学4年時に司法試験に合格。

・平成19年(2007年)3月 東京大学法学部 卒業

・平成19年(2007年)4月 最高裁判所 司法修習生

・平成20年(2008年)9月 西村あさひ法律事務所にて弁護士として執務開始
国際的な企業買収や独占禁止法等を主に担当。専門誌への論文の執筆や講演活動も行う。東京で多くの方と仕事をご一緒させていただく中で、目の前の事件の解決だけではなく社会の問題を根本的に解決するためには、既存のルールの中で弁護士として働くだけでは不十分ではないかとの思いが強まり、政治への興味が強まっていった。
・平成26年(2014年)8月 米国ニューヨークのコロンビア大学ロースクール(LL.M.、法学修士)入学
初めての海外生活であったが、世界中から様々な人達が夢の実現のために集まるニューヨークの活気に驚かされた。道を行く人々が皆、子供に非常に親切であったことにも驚かされた。

・平成27年(2015年)5月 米国コロンビア大学ロースクール(LL.M., Harlan Fiske Stone Scholar賞受賞)卒業

・平成27年(2015年)9月~平成28年(2016年)7月 米国ワシントンD.C.の法律事務所にて執務
大統領選で盛り上がる中、政治の街ワシントンD.C.で、政治とは一見無縁に見える人々が皆、率直な意見を言い合っていたのが印象的であった。ニューヨーク州司法試験に合格。

・平成28年(2016年)7月 帰国
都政の多くの問題・疑惑が報道される中、「弁護士は依頼者の利益のために全力で働くのが使命である。なぜ政治家は自分を選んでくれた有権者のためではなく、自分自身の利益ばかり求めてしまうのだろうか。」という疑問が解消せず、小池百合子都知事の「希望の塾」に入塾。
家族、弁護士としてのキャリア等いろいろな不安が頭をよぎったが、自分を受け入れて大きくしてくれた東京を世界一の都市にしたいとの想いから、政治の道に進むことを決意。