東京を世界一、有権者の利益が
最大化される都市にする

私は弁護士として経験を積んできましたが、都政の多くの疑惑が報じられる中で「弁護士は依頼者のために全力を尽くすことが使命だが、なぜ政治家は自分を選んでくれた都民の利益ではなく自身の利益ばかり追い求めてしまうのか。」という疑問が大きくなっていました。
私は都民ファーストの目線で、有権者である都民の皆様の声や思いを都政の場に届けるという当たり前のことを当たり前に実行し、弁護士時代に依頼者の利益を最大化するために活動してきたのと同じく、都民の皆様の利益の最大化のために全力を尽くします。

東京を世界一、チャレンジ・イノベーションが
推進される都市にする

弁護士としてこれまで多くの方とお仕事をご一緒させて頂いた中で実感したのが、日本の社会や企業では、失敗した場合のリスクや自由な発想への縛りが大きすぎて、リスクを取って新規事業にチャレンジしてイノベーションを起こすことが難しい状況にあるということです。
例えば、テレワークの推進によってオフィス外で自由な発想で仕事が進めることができ、満員電車で体力を消耗することもなくなる。また、自動運転やドローン等の先端技術によって商店街が幅広い買い物ニーズに応えられるようになる。さらに、農業IT化によっておいしい農作物が効率よく生産できるようになる。遠隔医療やロボット介護が普及してもっと自由で快適な生活が送れるようになる。
このような未来を実現するためには、チャレンジに伴うリスクや規制を緩和して自由な働き方を進める政策を実施し、非常に勤勉で優秀な人材であふれる東京を世界一、チャレンジ・イノベーションが推進される都市にすることが必要です。



東京を世界一、子育てがしやすい都市にする

私にも息子が二人おり、その成長を見守るのは非常に大きな喜びです。他方、希望する子供の数を現実に持てない最大の理由は、子育てにお金がかかりすぎるからと言われています。
東京を世界一、子育てがしやすい都市にするため、保育サービスの量・質の両面での拡充等を進め夫婦の共働きが容易になるようにします。さらに、公立の高等教育の競争力を高めて教育費負担が軽減される政策を実施します。特に、経済のグローバル化が進む中で英語教育の充実は必須と言えます。私のアメリカ生活の経験から、できる限り幼少期から英語に触れる機会を増やしていくことが英語力向上には重要ですので、その点も重視して公教育の強化を進めていきます。

東京を世界一、あらゆる世代が住みやすい都市にする

社会に活力を生じさせるには「ダイバーシティ」、つまり年齢や性別を問わず誰もが活躍できることが必要です。特に、少子高齢化が進む中で高齢者の方には「生涯現役」としてご自身のご知見・ご経験を踏まえたご活躍を続けていただく必要があります。私の両親は孫である私の息子達を非常にかわいがってくれていますが、その両親の姿をみると私自身もとても嬉しく感じます。
ご活躍のために必要な医療制度の合理化や健康寿命の延伸化、就業支援の拡充などの施策を実施します。
また、体の不自由な方にも安心してご活躍いただけるための就業支援策を実施します。

都民ファーストの会 基本政策



都民ファーストの会公式HP 政策はこちら